プロフィール

masa

Author:masa
そよ風のようにあらわれたリダ!



と共にヒョンジュン応援してます♪



ブログランキングに参加しました♪ 
よかったらポチッとお願いします^^*



カウンター

現在の閲覧者数:

最新コメント
最新記事
フリーエリア








HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム



カテゴリ
F4 (9)
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも一覧

☆キム・ヒョンジュン≪リダ≫と共に☆
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

2015.08.11    カテゴリ:  記事 

   キム・ヒョンジュン弁護士"A氏側の真の謝罪なく、遺憾"


キム・ヒョンジュン弁護士"A氏側の真の謝罪なく、遺憾"

キム・ヒョンジュン側の法律代理人が元ガールフレンドのA氏側が
自分に対しての告訴を取り下げたことについて真の謝罪がないとし、遺憾の意を示した。

キム・ヒョンジュン側法律代理人、法務法人青坡李在萬(イ・ジェマン)弁護士は11日、スターニュースに
"有名人のキム・ヒョンジュンに対してリスクマネジメントをしたことを
'マスコミプレーに追いたてて告訴して、真の謝罪がなしに報道資料で告訴を取り下げたとし
マスコミプレーを自制しようということに対して遺憾を表す"と明らかにした。

先立ってキム・ヒョンジュンの元ガールフレンドA氏の法律代理人ソンエンパートナーズ法律事務所(代表弁護士ソンジョンムン)
"芸能人のキムヒョンジュンの元ガールフレンドA氏の法律代理人として、
李在萬(イ・ジェマン)弁護士に対する告訴を取り下げ、今後不必要なマスコミの報道が自粛されことを期待する"と明らかにした。

イ・ジェマン弁護士は"言論プレイはリスクマネジメントと違う。
言論プレイは争点を流すためのもの"としながら
"芸能人をはじめとする有名人は歪曲報道を防止するために記者たちに事実関係を教えることが必要だ。
訴訟の争点に対して教えることになっている"と話した。

イ弁護士は"そちらで'マスコミプレー'した一部分は
去る5月11日にA氏がキム・ヒョンジュンに暴行され、流産したという話を地上波をはじめ、大々的に明らかにし、その点について
違うと明らかにしたこと"とし、
"ところが、それ以来、A氏の方からキム・ヒョンジュンとの間の文字を公開して'Jさんの裸'であり、このようなものを公開したが、
これは争点と関係ないものだ。 このようなのがマスコミプレーだ"とした。

李弁護士は"今日(11日)A氏側で出した報道資料で不要なマスコミの報道自制要請があるが、
この話は私たちがしたいのだ。
キム・ヒョンジュンは有名人だ。 マスコミに出るほど損をするのはキム・ヒョンジュンだ"とした。

李弁護士は"マスコミプレーは相手がしたこと"とし、
"私たちはリスクマネジメントを行なったということを確実にしたい"とした。

李弁護士によると、A氏側の弁護士は李弁護士に個人的に電話をかけ、謝罪の意を伝えたという。


http://entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002445418



↓Clickしてね^^



スポンサーサイト
masaさん みなさん こんにちは

>A氏側の弁護士は李弁護士に個人的に電話をかけ、謝罪の意を伝えたという・・・

裁判所からの指導を受けたんじゃないでしょうか?
告訴も却下されたように思うんですが・・・

同じ弁護士でも こんなに格差があること はっきり見せていただきました

まだまだ 何をするかわからない相手 油断はできません
まだあちらの本当の姿が見えていません そこを明らかにしなければなりません

弁護士さん ご両親の疲れが出ませんように 祈るばかりです
もしかしたら・・・・ヤブヘビになることを恐れたか?

事務所もこのことを知っていた・・・・これ以上調べられることを避けたい
告訴を下げるよう事務所からの指示でもあったのか? わずか5日後の豹変

事務所⇒ チェ⇒ A媒体(ディスパッチ? ファクト?)⇒ ソン弁護士⇒ 事務所女性弁護士

この相関関係はどのようになっているのだろうか?
絶対に 真相を闇に葬ってはいけない!!!!

KHJの濡れ衣はきっちり晴らして 除隊の時を待ちたいものです(祈)








Copyright © そよ風のようにあらわれた☆キム・ヒョンジュン! All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog